コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撞木 シモク

デジタル大辞泉の解説

し‐もく【×撞木】

しゅもく」の音変化。
「―を取りて振りまはして、打ちもやらで」〈宇治拾遺・一〉

しゅ‐もく【×撞木】

仏具の一。鐘・鉦(たたきがね)・磬(けい)を打ち鳴らす丁字形の棒。また、釣鐘を突く棒。かねたたき。しもく。
《形が1に似ているところから》突棒(つくぼう)の異称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅもく【撞木】

仏具で、鐘・半鐘・磬けいなどを打ち鳴らす棒。多くは丁字形。かねたたき。しもく。
釣り鐘を突く棒。
突棒つくぼうのこと。
撞木形 」に同じ。 「病人と-にねたる夜寒かな/丈草発句集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の撞木の言及

【ばち(桴∥撥)】より

…邦楽器の打奏具としては,太鼓,かねなどの打ち棒をいうが,必ずしも棒状のもののみをいうのではなく,頭部を洋楽器のタンポンのように,なんらかのもので包んだものをもいい,その場合〈ばい〉ともいい,〈棓〉の字を当てることもある。また,棒の先で突き鳴らすものは,〈撞木(しゆもく)〉といって区別し,それにも梵鐘(ぼんしよう)を突く太い丸太状のものから,(かね)類をたたく丁字形のものまであるが,後者の頭部が球状になっている〈角(つの)撞木〉などは〈角桴〉ともいい,必ずしも〈撞木〉と〈桴〉とが厳密に区別されているわけではない。 日本の撥弦(はつげん)楽器のうち,とくに琵琶および三味線などの比較的大型の撥弦具を〈ばち〉といい,〈撥〉の字を当て,指先に付けたりはさんだりする義甲の〈爪(つめ)〉とは区別される。…

※「撞木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

撞木の関連キーワード鐘も撞木の当たりがらばち(桴∥撥)釣り鐘・釣鐘シュモクドリシュモクザメシュモクガイ十文字羊歯ちゃんと小林反古鬼の念仏撞木形当り鉦鉦叩き八柄鉦伏せ鉦撞木貝撞木町鐘・鉦叩き鉦撞き鐘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

撞木の関連情報