コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前後 ゼンゴ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ご【前後】

[名](スル)
ある位置を境にした、まえとうしろ。「前後の車輪」「前後を見回す」
時間的にみた、まえとあと。「大会開幕前後の慌ただしさ」
物事の順序や相互の関連。また、筋道。「話に前後のつながりがない」「前後の見境もなく買いまくる」

㋐順序が逆になること。あとさきになること。「話が前後する」「紹介が前後する」
㋑ほとんど間隔をおかずに続くこと。「両者が前後してゴールする」
出来事の、おおよその時期。ころ。「結婚した前後は生活が苦しかった」
(接尾語的に)数量・年齢・時間などを示す語に付いて、その数値に近い意を表す。ぐらい。内外。「十人前後」「三五歳前後」「九時前後

まえ‐しりえ〔まへしりへ〕【前後】

前方と後方。また、勝負事などで、右方左方
「上の女房―と装束き分けたり」〈絵合

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんご【前後】

( 名 ) スル
(空間や位置的に)物のまえとうしろ。 「車の-」 「行列の-」 「供を-に従える」 「 -を振り返る」
(時間的に)ある事柄のさきとあと。 「休日の-は混雑する」
物事や出来事のあとさきの状況・事情。 「 -をわきまえない」 「 -を考えるゆとりもない」
年代・時間・年齢や、数量を表す語などに付いて、それにごく近いことを表す。ぐらい。ごろ。内外。 「五人-」 「七時-」 「入社した-から習い始める」
順序が逆になること。 「話が-する」
間を置かず物事が行われること。また、起こること。相前後すること。 「両人は-してやって来た」

まえしりえ【前後】

前方と後方。また、競技などの左方と右方。 「 -分きて装束そうぞけば/蜻蛉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

前後の関連キーワードアンフィプロステュロスロッキングモーションアベレージゴルファーサイドストライプショートスカートパタニティー休暇ショートパンツパワーシート前後も知らず前後を忘ずる前後を失うキムジャン人工水平儀方向指示器ローヒール骨盤指数瑜伽振鈴前後左右屑屋の籠氷温貯蔵

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前後の関連情報