コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前後 ゼンゴ

4件 の用語解説(前後の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ご【前後】

[名](スル)
ある位置を境にした、まえとうしろ。「前後の車輪」「前後を見回す」
時間的にみた、まえとあと。「大会開幕前後の慌ただしさ」
物事の順序や相互の関連。また、筋道。「話に前後のつながりがない」「前後の見境もなく買いまくる」

㋐順序が逆になること。あとさきになること。「話が前後する」「紹介が前後する」
㋑ほとんど間隔をおかずに続くこと。「両者が前後してゴールする」
出来事の、おおよその時期。ころ。「結婚した前後は生活が苦しかった」
(接尾語的に)数量・年齢・時間などを示す語に付いて、その数値に近い意を表す。ぐらい。内外。「十人前後」「三五歳前後」「九時前後

まえ‐しりえ〔まへしりへ〕【前後】

前方と後方。また、勝負事などで、右方と左方。
「上の女房―と装束き分けたり」〈・絵合〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんご【前後】

( 名 ) スル
(空間や位置的に)物のまえとうしろ。 「車の-」 「行列の-」 「供を-に従える」 「 -を振り返る」
(時間的に)ある事柄のさきとあと。 「休日の-は混雑する」
物事や出来事のあとさきの状況・事情。 「 -をわきまえない」 「 -を考えるゆとりもない」
年代・時間・年齢や、数量を表す語などに付いて、それにごく近いことを表す。ぐらい。ごろ。内外。 「五人-」 「七時-」 「入社した-から習い始める」
順序が逆になること。 「話が-する」
間を置かず物事が行われること。また、起こること。相前後すること。 「両人は-してやって来た」

まえしりえ【前後】

前方と後方。また、競技などの左方と右方。 「 -分きて装束そうぞけば/蜻蛉

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

前後の関連情報