前後(読み)ゼンゴ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ご【前後】

[名](スル)
ある位置を境にした、まえとうしろ。「前後の車輪」「前後を見回す」
時間的にみた、まえとあと。「大会開幕前後の慌ただしさ」
物事の順序や相互の関連。また、筋道。「話に前後のつながりがない」「前後の見境もなく買いまくる」

㋐順序が逆になること。あとさきになること。「話が前後する」「紹介が前後する」
㋑ほとんど間隔をおかずに続くこと。「両者が前後してゴールする」
出来事の、おおよその時期。ころ。「結婚した前後は生活が苦しかった」
(接尾語的に)数量・年齢・時間などを示す語に付いて、その数値に近い意を表す。ぐらい。内外。「十人前後」「三五歳前後」「九時前後

まえ‐しりえ〔まへしりへ〕【前後】

前方と後方。また、勝負事などで、右方左方
「上の女房―と装束き分けたり」〈絵合

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんご【前後】

( 名 ) スル
(空間や位置的に)物のまえとうしろ。 「車の-」 「行列の-」 「供を-に従える」 「 -を振り返る」
(時間的に)ある事柄のさきとあと。 「休日の-は混雑する」
物事や出来事のあとさきの状況・事情。 「 -をわきまえない」 「 -を考えるゆとりもない」
年代・時間・年齢や、数量を表す語などに付いて、それにごく近いことを表す。ぐらい。ごろ。内外。 「五人-」 「七時-」 「入社した-から習い始める」
順序が逆になること。 「話が-する」
間を置かず物事が行われること。また、起こること。相前後すること。 「両人は-してやって来た」

まえしりえ【前後】

前方と後方。また、競技などの左方と右方。 「 -分きて装束そうぞけば/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐ご【前後】

〘名〙 (古くは「せんご」とも)
① ある場所を境にして、そのまえとうしろ。また、ある物体の前とうしろ。先後(せんご)。あとさき。
※経国集(827)一四・秋雲篇示同舎郎〈滋野貞主〉「東西引望無行人、前後廻看絶世隣
浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)一「前後(センゴ)を見れども、いよいよないに極りける」 〔春秋左伝‐隠公九年〕
② 時間的なあとさきをいう。
(イ) 時間の流れやある物事の推移の一時点を境にしてそのまえとあと。あるときを中心にした一連の状況。また、物事の順序。先後。あとさき。
※懐風藻(751)賀五八年宴〈伊支古麻呂〉「真率無前後、鳴求一愚賢」
※明暗(1916)〈夏目漱石〉五「三四日等閑(なほざり)にして置いた咎が祟って、前後(ゼンゴ)の続き具合が能く解らなかった」
(ロ) (副詞的に用いて) 時間的に、あとにもさきにも、あることの以前にも以後にも。
※曾我物語(南北朝頃)一「河津は、せんこ相撲はこれがはじめなれば、やうもなくするするとあゆみより」
③ 書物などの前編と後編。また、ひと続きのものの初めから終わりまで。
※人情本・英対暖語(1838)二「中本の方は前後六冊でめでたしめでたしに満尾(おさまっ)てゐるから」
④ (━する) 順序が逆になること。あとさきになること。また、相違すること。
※玉葉‐寿永二年(1183)七月二八日「彼両人相並、敢不前後争権之意趣以之可知」
※浮世草子・傾城色三味線(1701)江戸「長次は昼からの酒に心みだれ、いふほどの事前後(ゼンゴ)して、ひとへにうつつのごとし」
⑤ (━する) あいだをあまり置かないで続くこと。相次ぐこと。続くこと。
※方丈記(1212)「路のほとりなる頭、すべて四万二千三百余りなんありける。いはむや、その前後に死ぬるもの多く」
※屋根裏の法学士(1918)〈宇野浩二〉「彼の卒業と前後して」
⑥ 物の数、年代、時間、年齢を表わす語や数字について、それにごく近いことを示す語。ぐらい。ころ。内外。絡(がらみ)
※狂言記・福渡(1660)「夜のやはんの前後(センゴ)に、八十ばかりの老僧が」
[補注]「平家‐一〇」に「小八葉の車に先後(ゼンゴ)(高良本ルビ)の簾をあげ、左右の物見をひらく」の例があり、「先後」を用いることもあった。

まえ‐うしろ まへ‥【前後】

〘名〙
① 前と後ろ。また、過去と未来。あとさき。
古今著聞集(1254)九「矢を一手給へかし。其的串の前うしろをいん」
衣服などの、前と後ろがあべこべになっていること。また、そのさま。うしろまえ。

まえ‐しりえ まへしりへ【前後】

〘名〙
① 弓の競射などで、前手組と後手組。
蜻蛉(974頃)下「二月十五日に、院の小弓はじまりて、出居などののしる。まへしりゑわきてさうぞけば」
② 二方に分かれて勝負を争う競技で、左方と右方と。
※源氏(1001‐14頃)絵合「上の女房、まへしりへとさうぞきわけたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前後の関連情報