コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前後 ゼンゴ

4件 の用語解説(前後の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ご【前後】

[名](スル)
ある位置を境にした、まえとうしろ。「前後の車輪」「前後を見回す」
時間的にみた、まえとあと。「大会開幕前後の慌ただしさ」
物事の順序や相互の関連。また、筋道。「話に前後のつながりがない」「前後の見境もなく買いまくる」

㋐順序が逆になること。あとさきになること。「話が前後する」「紹介が前後する」
㋑ほとんど間隔をおかずに続くこと。「両者が前後してゴールする」
出来事の、おおよその時期。ころ。「結婚した前後は生活が苦しかった」
(接尾語的に)数量・年齢・時間などを示す語に付いて、その数値に近い意を表す。ぐらい。内外。「十人前後」「三五歳前後」「九時前後

まえ‐しりえ〔まへしりへ〕【前後】

前方と後方。また、勝負事などで、右方と左方。
「上の女房―と装束き分けたり」〈・絵合〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぜんご【前後】

( 名 ) スル
(空間や位置的に)物のまえとうしろ。 「車の-」 「行列の-」 「供を-に従える」 「 -を振り返る」
(時間的に)ある事柄のさきとあと。 「休日の-は混雑する」
物事や出来事のあとさきの状況・事情。 「 -をわきまえない」 「 -を考えるゆとりもない」
年代・時間・年齢や、数量を表す語などに付いて、それにごく近いことを表す。ぐらい。ごろ。内外。 「五人-」 「七時-」 「入社した-から習い始める」
順序が逆になること。 「話が-する」
間を置かず物事が行われること。また、起こること。相前後すること。 「両人は-してやって来た」

まえしりえ【前後】

前方と後方。また、競技などの左方と右方。 「 -分きて装束そうぞけば/蜻蛉

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前後の関連キーワードライトペン位置付け垣隣近め西側ハ音記号部位信太荘ディジタイザーピンスパット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

前後の関連情報