コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショット土壌 ショットどじょう shot soil

1件 の用語解説(ショット土壌の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ショット土壌

温暖な緯度で形成される土壌で,鉛の弾丸程度の大きさに濃集した小さな酸化鉄を含んでいる[Twenhofel : 1939].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショット土壌の関連キーワード寒帯気団古土壌化石土壌湿性土壌シフティング土壌多元土壌沼地土壌熱帯ポドゾルハイドロモルフィック土壌リソソル

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone