ショパン:ピアノ・ソナタ第1番 ハ短調/piano solo(読み)Sonate pour piano No.1

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ショパン:ピアノ・ソナタ第1番 ハ短調/piano solo

ワルシャワ音楽院院長で師ユゼフ・エルスネルの指導監督の下に書かれたショパンの最初のソナタ。形式習得のために書いたといわれ、全体的に未熟な書法が目立つ。あるいはむしろ、すでに独自の音楽世界を持っていた ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android