書法(読み)ショホウ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐ほう〔‐ハフ〕【書法】

漢字・仮名などの文字の書き方。筆法。
文章の書き方。文章表現の特徴。文体。
記号などの、書き表し方。「楽譜の書法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょほう【書法】

文字、ことに毛筆による文字の書き方。筆法。
文章の書き方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐ほう ‥ハフ【書法】

〘名〙
① 漢字・かななどの文字を書くときの、一定の方法。文字の筆順・点画・結構など。筆法。また、書を書くこと。書道。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「嬭母諮皇子。即賜文筆書法
※随筆・文会雑記(1782)附録「御壮年の頃は書の刊本尠りしゆへ、且甚書法を好ませ給ひて、初は青蓮院尊純親王の弟子とならせ玉ひき」 〔蘇軾‐次韻子由論書詩〕
② 筆跡。法書。法帖(ほうじょう)。書の手本。
※正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献物帳「先帝陛下、捨国家珍法、種々翫好及御帯・牙笏・弓箭・刀剣・兼書法・楽器等」 〔南史‐周朗伝〕
③ 文章の書きぶり。文章表現の特徴。文体。
※随筆・秉燭譚(1729)五「日本紀の書法を考れば、そのかみは別に一国にて蝦夷などの如く化外の地にて、いまだ日本の版図には入らずとみえたり」 〔春秋左伝‐宣公二年〕
④ 表音文字で文章を書くときの分かち書き法や、濁音・拗音などに関する書き方。表記法。
⑤ 書類などの書きかた。書式。
※氏子改仮規則(明治三年)(1870)六月「産土神社へ納る名簿の書法左の如し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の書法の言及

【書】より

…ただ北朝末期には一時篆隷の筆法を加味した独特の楷書が流行し,一つの特色を発揮した。南朝の陳から隋にかけて,王羲之7世の孫と伝えられる智永が現れ,王羲之の書法をうけついで多くの《千字文》を書いた。なかでも日本に伝わる真跡本の《真草千字文》が名高い。…

※「書法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書法の関連情報