書法(読み)ショホウ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐ほう〔‐ハフ〕【書法】

漢字・仮名などの文字の書き方。筆法。
文章の書き方。文章表現の特徴。文体。
記号などの、書き表し方。「楽譜の書法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょほう【書法】

文字、ことに毛筆による文字の書き方。筆法。
文章の書き方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の書法の言及

【書】より

…ただ北朝末期には一時篆隷の筆法を加味した独特の楷書が流行し,一つの特色を発揮した。南朝の陳から隋にかけて,王羲之7世の孫と伝えられる智永が現れ,王羲之の書法をうけついで多くの《千字文》を書いた。なかでも日本に伝わる真跡本の《真草千字文》が名高い。…

※「書法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書法の関連情報