シルム

世界大百科事典 第2版の解説

シルム【ssirǔm】

主として朝鮮半島に居住する朝鮮族の間で伝えられてきた伝統的な力比べをいい,〈韓国相撲〉とも呼ばれる。ハングルでの表記に相当する漢字がないことなどから,朝鮮族の固有の伝統的なスポーツであると考えられている。歴史的には,5世紀ころまでさかのぼることができるといわれ,その証拠として,当時の高句麗墳墓である角抵塚(現,中国吉林省集安)に力士を描いた壁画があり,これが最も古い朝鮮族の流れを汲むシルムの原型であると捉えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シルム

〔朝鮮語〕
日本の相撲に類似した朝鮮半島の伝統的格闘技。直径8メートルほどの円形に敷いた砂の上で、腰と片方の足に布製の帯(サッパ)を巻いた二人の競技者が互いに相手の帯をつかんで組み合い、その状態から相手を倒すことによって勝負を決める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android