コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロバナムシヨケギク

百科事典マイペディアの解説

シロバナムシヨケギク

ジョチュウギク除虫菊

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のシロバナムシヨケギクの言及

【キク(菊)】より


[キク属の利用]
 キク属Chrysanthemumには約250種ほどあり,この中には人間に利用されている種が多数ある。シロバナムシヨケギク(ジョチュウギク)のように殺虫剤の原料となるものやエゾヨモギギクのように強壮剤,消化剤,解熱剤など薬用に供されるものもある。食用にされるシュンギクもこの属である。…

【ジョチュウギク(除虫菊)】より

…キク科の多年草(イラスト)。シロバナムシヨケギク,また単にムシヨケギクとも呼び,殺虫剤の原料とするために栽培される。原産地はバルカン半島のダルマティア地方。…

※「シロバナムシヨケギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シロバナムシヨケギクの関連キーワードジョチュウギク(除虫菊)ピレスロイド殺虫剤ピレトリン類ピレトリン除虫菊剤

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android