コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除虫菊 ジョチュウギク

デジタル大辞泉の解説

じょちゅう‐ぎく〔ヂヨチユウ‐〕【除虫菊】

キク科の多年草。高さ約60センチ。夏、白色で中央が黄色の頭状花をつける。花はピレトリンを多く含み、乾かし粉末にして蚊取り線香や農業用の殺虫剤の原料にする。バルカン半島の原産。のみとりぎく。しろばなむしよけぎく。 夏》「―島山ちかみ艀(はしけ)来る/桂郎」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

除虫菊

春に咲く花の子房に殺虫成分が含まれる。「金鳥」ブランドの大日本除虫(大阪市)によると、創業者が米国の除虫菊の種子を手に入れ、1890年に蚊取り線香を開発した。荒れ地でも育つことから、瀬戸内や北海道など全国各地で栽培された。戦後、化学物質が殺虫成分の主流となり、除虫菊は産業としては栽培されなくなった。

(2013-10-30 朝日新聞 朝刊 香川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

除虫菊

 キクの一種に虫を殺す作用のある物質が含まれ,虫よけとして使われる.成分としてはピレトリンI,II,シネリンI,IIが知られている.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょちゅうぎく【除虫菊】

キク科の多年草。バルカン半島原産。日本には明治初年に渡来し、全国で栽培された。高さ約50センチメートル。葉は卵形で羽状に深裂する。初夏、径約3センチメートルの白色の頭花をつける。全草、特に頭花に殺虫成分のピレトリンを含み、蚊取り線香や殺虫剤の原料とする。蚤のみ取り菊。シロムシヨケギク。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

除虫菊 (ジョチュウギク)

学名:Chrysanthemum cinerariifolium
植物。キク科の園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

除虫菊の関連キーワード舞妓はんのおこしらえ湯 豆乳泡風呂プラチナドラマティックバスCocktail BathBABY BATH DAYFlower Bath気分上々ゴールデン風呂シロバナムシヨケギクふんわり香る芳潤滴湯メンズファイヤーバスちょっとほろ酔い風呂ブラッドタイプバスStep BATHぷるるんコラーゲンスキすきBATH超!熱烈汗激風呂バナナミルクバスイチゴミルクバスバニラミルクバスごめんネBATHメタジオBATH

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

除虫菊の関連情報