コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンクロナスDRAM しんくろなすでぃーらむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シンクロナスDRAM

従来のDRAMと比べて内部は基本的に同じだが、外部バスインターフェイスが一定周期のクロック信号に同期して動作するように改良されたDRAM。486やPentiumなどのCPUも、その外部バスはクロックに同期して動くため、CPUとシンクロナスDRAMのクロックを共通にすればアクセス時のロスを少なくできる。 シンクロナスDRAMで高速化できるのは、1クロックごとにデータを転送するバーストモードである。従来のDRAMを利用する場合、486やPentiumではバーストモード時にウェイトを挿入しなければならないことが多いが、シンクロナスDRAMを用いればノーウェイトでCPUのバーストモードに追従できる。ただし、バーストモードの最初のアクセスは速くならない(むしろ遅くなることもある)。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

シンクロナスディーラム【シンクロナスDRAM】

SDRAM

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

シンクロナスDRAMの関連キーワードSDラム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android