コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンノイシス synneusis

岩石学辞典の解説

シンノイシス

数種類の鉱物の各結晶粒が岩石の中で互いに集まって群あるいは集合体を作る組織[Vogt : 1921].この組織は集斑状(glomeroporphyritic)組織に類似するが,この場合は集まった結晶が斑晶状になる必要はない.斑状岩でも集斑状の班晶などでも構わない.この岩石は粗粒ですべての構成鉱物は多少一様の粒度である.ハトンが使用したグレガリティック(gregaritic)と同じ意味である[Hutton : 1889].ギリシャ語でsynneoは一緒に泳ぐの意味.この語には一緒に泳ぐ(swam together)成因的な意味があり使用は避けたほうがよい[MacKenzie, et al. : 1982].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android