コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーチキン Sea Chicken

大辞林 第三版の解説

シーチキン

sea+chicken〕
〔鶏肉のように低カロリー・高タンパクで脂肪が少ないことから〕
マグロなどの魚肉をサラダ油に漬けた缶詰。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のシーチキンの言及

【ビンナガ(鬢長)】より

…浮きはえなわ,引縄,巻網で漁獲される。肉は白身で,刺身としては好まれず,もっぱらシーチキンなどと呼ばれて缶詰用に加工される。【谷内 透】。…

【マグロ(鮪)】より

…ビンナガは身が白っぽいことから刺身にはほとんど利用されず,もっぱら缶詰の材料となる。欧米ではシーチキンsea chickenなどと称されマグロ類中もっとも人気がある。このほか,マグロ茶漬,山かけ,ぬた,なますなどとして生食され,また,かす漬,みそ漬,焼魚,煮魚,角煮,フライ,ソテーなどでも賞味される。…

※「シーチキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シーチキンの関連キーワード上昇する水産物価格はごろもフーズミツハシサエ上村公臣代秋野ひとみ佐次本淳平坂口アミ窪田真也サラダ油梅田宏鶏肉魚肉脂肪

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android