コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャイレトリクラッシャ gyratory crusher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャイレトリクラッシャ
gyratory crusher

粗砕用クラッシャの一種。動作部は図の互いに逆向きテーパをもつ円錐形鋼刃BとCで,Cは固定,Bは偏心的に旋転する大重量のスピンドルAに取付けてある。Aがゆっくり旋転すると装入原料はBとCとの間で圧砕されつつ落下する。ジョークラッシャより大型にでき,破砕能力も大で,大型では 2000馬力,毎時破砕量 2500tに及ぶものがある。中砕用に数十馬力の小型にもつくられるが,これはコーンクラッシャという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android