コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定 こてい

知恵蔵の解説

固定

コテハン」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐てい【固定】

[名](スル)
一定の位置に止まって動かないこと。また、動かないようにすること。「支柱を固定する」「ねじで固定する」
一定していて変化しないこと。「客が固定する」「固定給」
生物の組織や細胞を顕微鏡で観察するとき、生きているときに近い状態で保つために、原形質アルコールホルマリンなどで凝固させること。固定法。
遺伝子ホモ同型)の状態になり、子孫で形質が分離しなくなること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こてい【固定】

( 名 ) スル
一つの場所から動かないようにすること。また、動かないこと。 「たんすを床に-する」
一定の状態から変化しないこと。 「 -した考え方」
遺伝子がホモ(同型)になること。
生物の細胞や組織を、できるだけ生きているときに近い状態に保って原形質を凝固させること。プレパラート作成や解剖の前に、薬品処理・加熱・凍結などの方法で行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固定
こてい
fixation

心理学用語。 (1) 生体のある行動や反応が,高い安定性をもって確定されること。所要時間の短縮や誤りの減少などをもって,その指標とする。 (2) 新しい学習を獲得することができず,問題解決が不可能な状況にさらされたり,強いストレスが加えられて,情緒的混乱に陥ったりした場合に行う無効な習慣的行動の反復,ないし固執の現象。こうした反応の固定は,人間の場合特にフラストレーションの事態でよく観察される。何度も無効な反応を繰返すという意味で,常同的反応ともいわれる。 (3) ある人物,対象に対して強い愛着を示すこと。特に感情的固着といい,幼児期に形成されたまま,未熟な神経症的な形で持続することがある。 (4) S.フロイトは,リビドーが発達のある段階から抜け出せず,その結果,人がその段階特有の快感追求の傾向に固執するようになることをさして,リビドーの固定 (または固着) と呼んだ。たとえば,母親への愛が固定して,ほかの女性への愛に移行できない場合などはこれにあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

固定の関連キーワードVESAマウントアーム規格オイラーの固定点定理市町村交付金・納付金パーマネントリンク一定ビットレートブルーカーボン固定小数点数型アゾトバクターセールプレーン固定小数点形式変動為替相場制固定小数点演算固定長期適合率窒素固定細菌パーマリンク固定資本減耗個人向け国債炭酸同化作用固定小数点型損益分岐点

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

固定の関連情報