コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョイスティック じょいすてぃっく

大辞林 第三版の解説

ジョイスティック【joy stick】

コンピューターの入力装置の一。スティック(棒)を前後左右に倒して、カーソルの位置を任意に移動させる。ゲームの操作などに使われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のジョイスティックの言及

【入出力装置】より

…しかし,ページプリンターにおいてはさまざまなフォントを外部から取り込んで使うことができるし,字形をその輪郭上の点の座標によって表現したフォントであるアウトラインフォントを使うことによって,美しい字の印刷が可能になっている。
[座標や図形の入出力装置]
 2次元の座標をアナログ入力するのに使用されるのがポインティングデバイスであり,マウス,トラックボール,ジョイスティック,トラックポイント,ライトペン,タッチパネル,トラックパッドなどがよく使われている。これらは位置を表示するためのディスプレーと組み合わされることで初めて入力装置として機能する。…

※「ジョイスティック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ジョイスティックの関連キーワードNEOGEO X GOLD ENTERTAINMENT SYSTEMInputSprocketアナログジョイスティックDirectX SDKポインティングデバイスジョイスティックカードゲーミングデバイスディスプレー装置Game SDKコンピューター図形入出力装置ゲームポートOpenGL入出力装置IrBus電動車いす電動車椅子入力装置カーソル

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョイスティックの関連情報