ジョジョの奇妙な冒険(読み)じょじょのきみょうなぼうけん

知恵蔵miniの解説

ジョジョの奇妙な冒険

荒木飛呂彦のマンガ作品。ある一族の2世紀以上に渡る宿命的な戦いを、シリーズごとに主人公や舞台を変えながら、個性的な表現方法で描く。1987年に少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」で第1部の連載がスタート、2005年より青年マンガ誌「ウルトラジャンプ」(いずれも集英社)に移り、現在第8部を連載中。12年7月時点でシリーズ単行本は106巻まで発刊され、累計発行部数は7500万部以上に上る。06年、文化庁「日本のメディア芸術100選」のマンガ部門で2位に選ばれた。作品の一部はオリジナルビデオや劇場版としてアニメ化され、本作品を題材としたゲームも多数。12年10月より初のテレビアニメ放映が予定されている。

(2012-07-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ジョジョの奇妙な冒険

1987年に週刊少年ジャンプで連載が始まり、単行本の累計発行部数は1億部を超える人気漫画。主人公たちが「波紋」や「スタンド」と呼ばれる特殊能力を駆使して敵と戦う。作者の荒木飛呂彦さんの出身地である仙台市をモチーフにした「S市杜王町」も舞台の一つ。現在連載中の第8部では、東日本大震災後が描かれている。花京院や広瀬など、市内の地名から名付けた登場人物も多い。19世紀末から現代までを描く壮大な世界観やセリフ回しと擬音が魅力。登場人物の独特の姿勢は「ジョジョ立ち」と呼ばれ、同じポーズで写真を撮るファンも。

(2017-08-19 朝日新聞 朝刊 宮城全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ジョジョの奇妙な冒険

日本のテレビアニメ。放映はTOKYO MX、毎日放送ほか(2012年10月~2013年4月)。原作:荒木飛呂彦による漫画作品。制作:david production。

ジョジョの奇妙な冒険

荒木飛呂彦による漫画作品。「ジョジョ」というニックネームの主人公が活躍する冒険活劇。『週刊少年ジャンプ』1987年第1・2号~2004年第47号、『ウルトラジャンプ』2005年4月号~連載中。集英社ジャンプコミックスPART1~5:全63巻+PART6 ストーンオーシャン:全17巻+PART7 STEEL BALL RUN:全24巻+PART8 ジョジョリオン:既刊6巻。2007年に劇場用アニメが公開され、2012年~2013年にはテレビアニメを放映。2013年、第17回文化庁メディア芸術祭にて、PART8 ジョジョリオンがマンガ部門大賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョジョの奇妙な冒険の関連情報