コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スター型ネットワーク スターガタネットワーク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スター型ネットワーク

LANの接続形態のひとつ。ハブなどの集線装置を中心に、放射状コンピューターを接続する方式で、現在もっともよく使われている。10Base-T、100Base-TX、1000Base-Tの主要なLANでこの形態が利用されている。配線の自由度が高く、LANに接続するコンピューターの追加や移動が簡単なのがメリット。ただし、中央の集線装置が故障すると、ネットワーク全体がダウンするという欠点もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スターがた‐ネットワーク【スター型ネットワーク】

コンピューターの周辺機器の接続形態の一。中心となる機器に対し、複数の周辺機器を集中して接続する。スター型接続。スター型。星形接続

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

スター型ネットワークの関連キーワードネットワークトポロジーデージーチェーンスター方式

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android