コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セリオーソ

デジタル大辞泉プラスの解説

セリオーソ

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第11番(1810)。原題《Serioso》。「厳粛な」、「真剣な」を意味し、ベートーヴェン自身により命名された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

セリオーソ(〈イタリア〉Serioso)

ベートーベンの弦楽四重奏曲第11番。ヘ短調。1810年作曲。名称は音楽の発想標語で「厳粛な」「真剣な」を意味する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例