発想標語(読み)ハッソウヒョウゴ

精選版 日本国語大辞典の解説

はっそう‐ひょうご ハッサウヘウゴ【発想標語】

〘名〙 演奏記号の一つ。楽曲の全体または一部の表現上の注意をことばで指示するもの。カンタービレ、ドルチェなど。〔洋楽手引(1910)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の発想標語の言及

【演奏記号】より

…ただしこの強弱はあくまでも相対的なものであって,基準はない。(3)発想記号(表3) 広義の発想記号は演奏記号と同義であるが,ここでは,曲の性格や表情を示すために楽譜に書き添えられるいろいろな言葉,すなわち発想標語に限る。発想標語もやはり1600年ころから用いられるようになった。…

※「発想標語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報