セレナータ・ノットゥルナ

デジタル大辞泉プラスの解説

セレナータ・ノットゥルナ

オーストリアの作曲家W・A・モーツァルトのセレナード第6番K239(1776)。父レオポルトが自筆譜に書き込んだものとされる。全3楽章からなる。典型的なセレナーデとは異なり管楽器は使用されない。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android