管楽器(読み)かんがっき(英語表記)wind instrument 英語

日本大百科全書(ニッポニカ)「管楽器」の解説

管楽器
かんがっき
wind instrument 英語
Blasinstrument ドイツ語
instrument à vent フランス語
strumento a fiato イタリア語

の中の空気柱の振動で音を出し、息によって演奏される楽器総称オルガンのように、管を用いていても息によらないものは、この分類に含まれないのが普通である。

 金管楽器木管楽器とに大別されるが、金属製の木管楽器やガラス製の金管楽器などもあり、材質だけでは分類できず、両者の区別は発音原理による。金管楽器は、トランペットのようにの振動によって空気柱に振動が与えられるもの。木管楽器には、フルートのようにエッジ音によるものと、クラリネットのようにリードの振動によるものとがある。管楽器は先史時代から存在したとされるが、金管楽器のおこりは、動物の角(つの)や巻き貝の殻を吹いたことにあり、木管楽器は、管の端を横方向に吹くと音が出ることを発見したのが最初と考えられる。長さが異なる管を何本か束ねたり、指孔をあけたりすることも古くから行われていた。金管楽器でも、指孔をもつものが19世紀まで用いられていた。管楽器は、吹き方(オーバーブローイング)によって倍音列に属する音を出すことができ、それ以上の音高の調節のために、指孔をあけたり、管の全長を変えられるようにしたりするが、単純なものでは演奏可能な調が限られることから、現在のような合理的なバルブ・システムやキー・システムが開発されるまでは、多くの移調楽器が用いられた。今日では、移調楽器は主として音色の違いにより使い分けられている。

[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「管楽器」の解説

管楽器
かんがっき
wind instruments

音管を用いる楽器の総称。ホルンボステルザックスの楽器分類法では,気鳴楽器に相当し,オルガンのような楽器も含まれる。発音体としては,リード (オーボエ,クラリネット) ,人間の唇 (トランペット,ホルン) ,鋭い間隙 (フルート) が用いられる。音高は,管に穴をあけて実効管長を短縮したり (フルート属,リード管楽器属) ,迂回管を用いて延長したり (トランペット・ホルン属) する。前者はキー・メカニズム後者はピストン・バルブ・メカニズムが装備される。発音は人の息によるものと器械装置の送風によるものとがある。近代西洋のオーケストラでは,木管と金管に分類しており,音色的素材として不可欠の存在となっている。東洋,日本の管楽器には,それぞれ独自のものがあり,日本語としては「ふえ」という語が管楽器の総称であったこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「管楽器」の解説

管楽器【かんがっき】

管の中の空気(気柱)を振動させて鳴らす楽器。気鳴楽器の一つ。発振には唇やリードを用いる。管の長さにより一定の高さの音とその倍音しか出せないため,スライド(トロンボーン),弁(トランペットなど),管側孔(フルートオーボエなど)を用いて各種の音を得る。なお,西洋での金管・木管の分類法はその材質と必ずしも一致しない。→金管楽器木管楽器
→関連項目アウロスオルガン管弦楽キー(音楽)サリュソホーン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「管楽器」の解説

かん‐がっき クヮンガクキ【管楽器】

〘名〙 管で作り、吹き口を吹いて管の中の空気を振動させることにより音を出す楽器の総称。、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、フルート、クラリネットなどの木管楽器と、トランペット、ホルンなどの金管楽器の二種がある。吹奏楽器。〔洋楽手引(1910)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「管楽器」の解説

かんがっき【管楽器】

管の中の空気(空気柱)に外部から気流(ふつうは奏者の呼気)を作用させて楽音を作る楽器の総称。気流の作用を受ける方式には,(1)管壁に小孔をあけ,側縁に気流を当てる(フルート),(2)管の入口に振動体をしかける(オーボエ,クラリネット),(3)管の入口に唇を当て,振動体として機能させる(トランペット)がある。(2)の場合の振動体は,適当な弾力のあるリードと呼ばれる薄片で,シングル・リード,ダブル・リードなどの別がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の管楽器の言及

【楽器】より


【種類】
 楽器の形態や構造は多様であるが,それをいくつかの系統に整理することにより体系的に理解することができる。 日本では一般に,楽器を管楽器,弦楽器,打楽器の3種類に分けている。諸外国でも表現は一部異なるが(たとえば管楽器に相当する英語はwind instruments〈風楽器〉である),これとほぼ同様の3分法がみられる。…

※「管楽器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android