ソフトウエアサーボ(英語表記)software servo system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソフトウエアサーボ
software servo system

サーボ機構の信号演算部をコンピュータ内で実行するようにしたもの。コンピュータに目標値と制御量を取り込み,ソフトウエアによってそれらの比較と補償演算を行ない,操作信号をコンピュータから出力する。このようなソフトウエアサーボは,各種の最適制御手法が取り入れられ,また制御手法の変更,パラメータの修正が容易なので,ロボット制御などメカトロニクス制御に広く用いられている。なお,ソフトウエアサーボでは,計算時間によるサンプリング時間が長くなると制御系が振動する原因になり,精密な制御が不可能になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android