制御/制禦/制馭(読み)セイギョ

デジタル大辞泉の解説

せい‐ぎょ【制御/制×禦/制×馭】

[名](スル)
相手を押さえて自分の思うように動かすこと。「欲望を―しきれない」
機械・化学反応電子回路などを目的の状態にするために適当な操作・調整をすること。「運転を自動的に―するシステム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の制御/制禦/制馭の言及

【計算制御】より

…対象の挙動が望ましいものとなるように,その入力を操作することを制御といい,その対象を制御対象という。人間の介在しない制御を自動制御,自動制御を行う装置を制御装置,制御対象と制御装置からなる全体を制御系と呼ぶ。…

【自動制御】より

…ある目的に適合するよう対象となっているものに所要の操作を加えることを制御という。この操作を人間の判断によって行うとき手動制御manual controlといい,制御装置が自動的に判断して操作を行うとき自動制御という。…

【情報科学】より


【情報科学への歩み】
 情報科学が成立する以前から,人間は情報を利用してきた。計算,制御,通信,統計など,情報関係の学問を個別に築いてきたのであり,こうした分野が情報科学の成立を準備した。各分野の発展について少し述べてみよう。…

※「制御/制禦/制馭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android