タカセガイ(読み)たかせがい

世界大百科事典内のタカセガイの言及

【サラサバテイラ(更紗馬蹄螺)】より

…奄美諸島以南の太平洋海域に広く分布し,潮間帯下の岩礁にすむ。商品名をタカセガイ(高瀬貝)といい,殻は表面を溶かして真珠層のみにして貝細工の材料にし,また,かつては丸く切り抜いて貝ボタンをつくった。肉は食用にする。…

※「タカセガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android