コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タバコグサ

海藻海草標本図鑑の解説

タバコグサ

からだは幅広な葉状。体の下部は茎状となる。中央に中を持ち,そこから対生に側脈が多数出る。破れやすく,中肋まで達する裂け目がよくはいる。手触りは膜質で平滑。生体は赤褐色〜褐色だが,ウルシグサと同様に空気にさらされ死ぬと青緑色になり硫酸を放出するので注意。押し葉標本は台紙に付く。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

世界大百科事典内のタバコグサの言及

【ウルシグサ(漆草)】より

… ウルシグサ属Desmarestiaの多くの種は,世界各地の寒海域に分布する。日本ではウルシグサおよび近縁種のケウルシグサD.viridis Lamour.が銚子以北の寒流の影響のある沿岸に,またタバコグサD.tabacoides Okam.が例外的に関東以南の沿岸に生育する。ウルシグサ属の海藻はとくに利用されることはないが,アワビやサザエのよい飼料となる。…

※「タバコグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android