褐色(読み)かっしょく

  • ▽褐色/×搗色
  • かちいろ
  • かちんいろ
  • かついろ
  • 褐色/勝つ色

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い黄赤」としている。一般に、ややみを帯びた濃い茶色のこと。もとは麻布生成の色とされる。現代ではコーヒーの色が典型的。クリームを入れるとやや黄色みがかった黄褐色になる。日焼けした皮膚の色を「褐色の肌」と形容するときも、褐色から黄褐色まで幅広い。また、「褐色」を「かちいろ」と読む場合は「暗いみの」をさし、別の色を表す。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かついろとも 黒く見えるほど深い藍あい色。「勝ち色」に通じるので、武具などを染めるのに用いた。かち。かちんいろ。
かさねの色目の名。表裏とも萌黄もえぎ色。
かちいろ褐色
黒っぽい茶色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

染色の名。かちん色ともいう。中世以降、紺色ないし黒みのある藍色(あいいろ)をさす色名として用いられているが、元来、褐(かつ)とは毛織物のことで、褐色(かっしょく)というと薄茶色のことである。褐色(かちいろ)は勝色、活色などの字をあて、褐(かち)は勝(かち)に通ずるとして武士が好んで用いた。なお、褐染めは播磨(はりま)国飾磨郡(しかまこおり)(兵庫県)の名産として中世以来知られた。褐は「搗」の借字で、藍を臼(うす)で搗(かち)て(搗(つ)いて)染めるところからきたといわれる。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「かちいろ(褐色)」の変化した語。〔随筆・貞丈雑記(1784頃)〕
〘名〙 (形動) こげ茶色。
※露団々(1889)〈幸田露伴〉三「少許の褐色(カッショク)のぱんと、ばた及び冷水を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

褐色の関連情報