コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐色 かっしょく

色名がわかる辞典の解説

かっしょく【褐色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い黄赤」としている。一般に、ややみを帯びた濃い茶色のこと。もとは麻布生成りの色とされる。現代ではコーヒーの色が典型的。クリームを入れるとやや黄色みがかった黄褐色になる。日焼けした皮膚の色を「褐色の肌」と形容するときも、褐色から黄褐色まで幅広い。また、「褐色」を「かちいろ」と読む場合は「暗いみの」をさし、別の色を表す。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かち‐いろ【褐色/×搗色】

黒く見えるほど濃い藍色(あいいろ)。濃紺色。「かち」は「勝ち」に通じ、縁起をかついで武具の染め色や祝賀のときに用いられた。勝ち色。かち。かちんいろ。かついろ。

かつ‐いろ【褐色/勝つ色】

かちいろ(褐色)」に同じ。

かっ‐しょく【褐色】

黒みがかった茶色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かちいろ【褐色】

〔「かついろ」とも〕 黒く見えるほど深い藍あい色。「勝ち色」に通じるので、武具などを染めるのに用いた。かち。かちんいろ。
かさねの色目の名。表裏とも萌黄もえぎ色。

かちんいろ【褐色】

かっしょく【褐色】

黒っぽい茶色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

褐色
かちいろ

染色の名。かちん色ともいう。中世以降、紺色ないし黒みのある藍色(あいいろ)をさす色名として用いられているが、元来、褐(かつ)とは毛織物のことで、褐色(かっしょく)というと薄茶色のことである。褐色(かちいろ)は勝色、活色などの字をあて、褐(かち)は勝(かち)に通ずるとして武士が好んで用いた。なお、褐染めは播磨(はりま)国飾磨郡(しかまこおり)(兵庫県)の名産として中世以来知られた。褐は「搗」の借字で、藍を臼(うす)で搗(かち)て(搗(つ)いて)染めるところからきたといわれる。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

褐色の関連キーワードヤケアトツムタケ(焼跡紡錘茸)キリウジガガンボ(切蛆大蚊)輪紋病(クリムソンクローバ)白枯病(バミューダグラス)葉さび病(シロクローバ)ごま葉枯病(テオシント)葉腐病(ギニアグラス)葉枯病(フェスク)多胞性脂肪細胞オオジュリン褐色脂肪細胞コジュケイ褐色森林土高嶺日陰蝶コオリガモブルネット鳶色浮塵子腰高栄螺切蛆大蚊松枯葉蛾

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

褐色の関連情報