チェゼナ(英語表記)Cesenà

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェゼナ
Cesenà

イタリア北部,エミリアロマーニャ州フォルリ県の都市。ボローニャ南東約 82km,アペニン山脈北東麓,サビオ川にのぞむ。エミリア街道の宿場および砦として建設され,1357年フォルリ公の妻モアが教皇軍を撃退したのは有名。教皇ピウス6世と7世の生地。硫黄,砂糖,ワイン,自動車を産する。イタリア最古の司教座所在地の一つ。ロッカマラテスティアナ城塞 (1381~1450) ,中世写本で知られる図書館 (52) などがある。町の競馬は観光名物。人口8万 7841 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android