チャド諸語(読み)チャドショゴ

大辞林 第三版の解説

チャドしょご【チャド諸語】

アフリカ中部のチャド湖周辺で用いられている100種以上の言語の総称。アフロ-アジア語族に属す。通商で広く用いられるハウサ語などが含まれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のチャド諸語の言及

【ハウサ語】より

…アフロ・アジア語族(ハム・セム語族)の,チャド諸語に属する言語(チャド諸語にはこのほかナイジェリアのブラ語,アンガス語など,100余の小言語が含まれる)。ハウサ語は西アフリカのナイジェリア北部,ニジェールを中心に約2000万人の母語となっている。…

※「チャド諸語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android