コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テッシェン岩 テッシェンがんteschenite

岩石学辞典の解説

テッシェン岩

ホーヘネガーは,ポーランドのシレジア(Silesia)地方のテッシェン(Teschen)近くの貫入岩石群にteschiniteという岩石名を与えた[Hohenegger : 1861].その後チェルマックはこの岩石群からピクライト(picrite)を分離し[Tschermak : 1866],ツィルケルは岩石名の綴りをtescheniteと改めた[Zirkel : 1866].さらにロールバッハはアナルサイト輝緑岩と分けて,この岩石群の中で角閃石を含む岩石に限定した[Rohrbach : 1885-1886].テッシェン岩はアルカリに富むアナルサイム─ドレライトまたは斑糲(はんれい)岩に相当する優黒質の岩石で,自形の紫色のオージャイトまたはエジリンオージャイトと,一般にバーケヴィ閃石のようなNa-角閃石を伴うのが特徴である.黒雲母または橄欖(かんらん)石も存在する.アルカリ斑糲岩またはドレライトで,斜長石がラブラドライトまたはそれよりCaに富むもので,単斜輝石は紫色~褐色で,アナルサイトを含むものをいう.橄欖石があれば橄欖石テッシェン岩という.長石はCaに富みしばしばアナルサイト化している.NaまたはKを含むマフィック鉱物が存在することでアナルサイム─ドレライトと区別される.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android