コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テッシェン岩 テッシェンがんteschenite

岩石学辞典の解説

テッシェン岩

ホーヘネガーは,ポーランドのシレジア(Silesia)地方のテッシェン(Teschen)近くの貫入岩石群にteschiniteという岩石名を与えた[Hohenegger : 1861].その後チェルマックはこの岩石群からピクライト(picrite)を分離し[Tschermak : 1866],ツィルケルは岩石名の綴りをtescheniteと改めた[Zirkel : 1866].さらにロールバッハはアナルサイト輝緑岩と分けて,この岩石群の中で角閃石を含む岩石に限定した[Rohrbach : 1885-1886].テッシェン岩はアルカリに富むアナルサイム─ドレライトまたは斑糲(はんれい)岩に相当する優黒質の岩石で,自形の紫色のオージャイトまたはエジリンオージャイトと,一般にバーケヴィ閃石のようなNa-角閃石を伴うのが特徴である.黒雲母または橄欖(かんらん)石も存在する.アルカリ斑糲岩またはドレライトで,斜長石がラブラドライトまたはそれよりCaに富むもので,単斜輝石は紫色~褐色で,アナルサイトを含むものをいう.橄欖石があれば橄欖石テッシェン岩という.長石はCaに富みしばしばアナルサイト化している.NaまたはKを含むマフィック鉱物が存在することでアナルサイム─ドレライトと区別される.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

テッシェン岩の関連キーワードアルカリ輝緑岩グレンミュア岩ブジェレツ岩キュヤマス岩オスモンド石クリナン岩粗粒玄武岩イジュス岩ボグサイトルガー岩セラル岩ヘロン岩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android