橄欖(読み)カンラン

デジタル大辞泉の解説

かん‐らん【××欖】

カンラン科の常緑高木。葉は羽状複葉で、春、白い小花をつける。緑色で卵形の実は食用。中国南部の原産で、鹿児島南部で栽培される。うおのほねぬき。
オリーブの誤訳。
「青い―の森が…だんだんうしろの方へ行ってしまい」〈賢治銀河鉄道の夜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんらん【橄欖】

カンラン科の常緑高木。インドシナ原産。葉は羽状複葉。春、葉腋に白色小花を円錐状につける。果実は卵形の核果で、白緑色に熟し食用になる。種子を欖仁らんにんといい、油を採るほか、数珠を作る。ウオノホネヌキ。
オリーブの誤訳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐らん【橄欖】

〘名〙
① カンラン科の常緑高木。インドシナ原産で、江戸時代に渡来し、まれに種子島などで栽植されている。幹は直立し、高さ九メートルに達する。葉は互生し有柄で、五~六対の小葉に分かれる羽状複葉で、各小葉は細い長楕円形で対生する。初夏、葉腋(ようえき)に白色の三弁花をつける。果実は卵状長楕円形で長さ三~四センチメートル、熟して白緑色になる。実は渋味と酸味があるので、生食するほか蜜漬けや薬酒にする。種子は欖仁(らんにん)といい脂質に富み、食用、薬用、工業用に用いる。はくらん。りょくらん。うおのほねすき。〔多識編(1631)〕
② オリーブの誤称。
※十二の石塚(1885)〈湯浅半月〉三「橄欖のは山しげやま みあぐれば雲居に高き エルサレムふりぬる城の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橄欖の関連情報