コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディップスイッチ ディップ スイッチ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ディップスイッチ

パソコン周辺機器などの動作設定に使われている小型のスイッチ。オンとオフを切り替えて設定できる。スイッチは、スライド式やロータリー式などがあるが、いずれもごく小さいので、精密ドライバーなどを使って切り替える。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ディップスイッチ【DIP switch】

コンピューターで、動作条件を設定するために使われる小さなスイッチ群。転じて、設定用スイッチの総称。 〔標準的な集積回路のパッケージであるディップと同じ大きさであることからいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ディップスイッチの関連キーワードプラグ・アンド・プレイオリジネートモードディマースイッチコンピューターアンサーモードディップ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android