デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(読み)デ・ウエスタン・セラピテクスけんきゅうじょデ・ウエスタン・セラピテクスけんきゅうじょデウエスタンセラピテクスけんきゅうじょデウエスタンセラピテクスけんきゅうじょ(英語表記)D. Western Therapeutics Institute, Inc.

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所

正式社名「株式会社デ・ウエスタン・セラピテクス研究所」。略称DWTI(デューティー)。英文社名「D. Western Therapeutics Institute, Inc.」。医薬品製造業。平成11年(1999)、医薬品開発を目的として「有限会社デ・ウエスタン・セラピテクス研究所」設立。同16年(2004)株式会社化。本社は名古屋市中区錦。新薬の研究開発を行うバイオベンチャー。プロテインキナーゼ阻害剤を開発。抗がん剤・抗血小板剤候補等の開発を行う。三重大学と産学官連携で共同研究。社名は社の持つ特許技術「ドラッグ・ウエスタン法」にちなむ。JASDAQ上場。証券コード4576。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android