設立(読み)セツリツ

  • せつりゅう
  • せつりゅう ‥リフ
  • せつりゅう〔リフ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「りつ」は「立」の慣用音) 新しくつくり設けること。多く、会社や機関などの組織を新しくつくることをいう。せつりゅう。
※明治月刊(1868)〈大阪府編〉五「国中に五権を設立する憲律なり」
国会論(1888)〈中江兆民〉「は社会を設立し或は工場を興造し」
〘名〙 (「りゅう」は「立」の正音、「りつ」は慣用音) =せつりつ(設立)〔音訓新聞字引(1876)〕
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「遂に明治廿三年の本月本日に、国会を設立(セツリフ)し給ひしより」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

設立の関連情報