設立(読み)セツリツ

デジタル大辞泉の解説

せつ‐りつ【設立】

[名](スル)組織・施設・制度などを新しくつくること。「財団を設立する」「設立者」

せつ‐りゅう〔‐リフ〕【設立】

[名](スル)せつりつ(設立)」に同じ。
「国会を―し給いしより」〈鉄腸雪中梅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せつ‐りつ【設立】

〘名〙 (「りつ」は「立」の慣用音) 新しくつくり設けること。多く、会社や機関などの組織を新しくつくることをいう。せつりゅう。
※明治月刊(1868)〈大阪府編〉五「国中に五権を設立する憲律なり」
※国会論(1888)〈中江兆民〉「或は社会を設立し或は工場を興造し」

せつ‐りゅう ‥リフ【設立】

〘名〙 (「りゅう」は「立」の正音、「りつ」は慣用音) =せつりつ(設立)〔音訓新聞字引(1876)〕
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「遂に明治廿三年の本月本日に、国会を設立(セツリフ)し給ひしより」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

設立の関連情報