コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トコトリエノール

栄養・生化学辞典の解説

トコトリエノール


 ビタミンEの同族体.活性はトコフェロールより弱い.α,β,γの3種類の活性のある主な異性体が知られており,α-トコトリエノールは5,7,8-トリメチルトコトリエノール,β-トコトリエノールは5,8-ジメチルトコトリエノール,γ-トコトリエノールは7,8-ジメチルトコトリエノール,δ-トコトリエノールは8-メチルトコトリエノールともいう.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のトコトリエノールの言及

【ビタミン】より

…これによって,腎石灰化症や腎組織の壊死,腎不全や高血圧症などが発症する。
[ビタミンE]
 抗不妊因子として発見された脂溶性ビタミンで,天然にはα‐,β‐,γ‐ならびにδ‐トコフェロールtocopherolと,α‐,β‐,γ‐ならびにδ‐トコトリエノールtocotrienolの8種類が知られる。α‐トコフェロールは自然界に最も広く分布し,ビタミンEとして普遍的な生物活性を示している。…

※「トコトリエノール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トコトリエノールの関連情報