コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活性 カッセイ

デジタル大辞泉の解説

かっ‐せい〔クワツ‐〕【活性】

機能が高く、反応が活発であること。物質原子分子が高エネルギー状態で、化学反応などが起こりやすいこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かっせい【活性】

機能が出現したり、効率が向上したりすること。また、反応や応答をする能力。 → 活性化

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

活性
かっせい
activity

反応性と同義語。活性アルミナ、活性炭という場合、活性化して反応性を高めるアルミナ、あるいは吸着能の高い炭をいう。活性水素、活性酸素も同様な意味をもつ。しかし触媒の活性のことを単に活性ということが多い。触媒の活性は、反応を促進する働きをもつ触媒の促進作用の大きさをいう。これを比較するのには、触媒の量(重量または容積)を同じにしてするか、あるいは触媒の表面積を同じにとって比べる。[戸田源治郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

活性の関連キーワードタクシー適正化活性化特別措置法脂肪酸チオキナーゼ(長鎖)コレカルシフェロール当量ナチュラルキラー細胞活性スーパーオキシドイオンバイオオートグラフィーシアノコバラミン当量陰イオン界面活性剤モルホリン脂肪酸塩アロステリック制御アニオン界面活性剤セリンプロテアーゼフィロキノン当量細菌発育阻止作用村起こし・村起し企業再生支援機構バイタルグルテン活性化エネルギーSHタンパク質エナジャイザー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活性の関連情報