トラフシャコ(読み)とらふしゃこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラフシャコ
とらふしゃこ / 虎斑蝦蛄
[学]Lysiosquilla maculata

節足動物門甲殻綱口脚(こうきゃく)目トラフシャコ科に属する海産動物。体長30センチメートルに達する。紀伊半島以南の西太平洋からインド洋の浅海に広く分布する。黄白色地に紫黒色の横帯が頭胸甲に3本、各腹節に1本ずつあり、捕脚および歩脚にも同色の縞(しま)がある。体は全体的に扁平(へんぺい)で幅が広い。頭胸甲、腹部とも背面に隆起線はない。尾節は丸みを帯びた横長の四角形で、3対の低い歯がある。目の角膜部は横に細長く、中央でくびれる。捕脚の指節内縁には多数の棘(とげ)状の歯が並ぶ。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトラフシャコの言及

【口脚類】より

…成体の行動範囲はごく狭いのに対し,この類の浮遊期の幼生は思いがけない遠方の海に現れる。地中海産のシャコSquilla mantisの幼生がイギリス海峡に現れたり,トラフシャコLysiosquillaの幼生がアラビア海の中央部やミンダナオ島の東500km,カロリン諸島の西150km沖の洋上で採集されたりする。このように,幼生は海流などではるか遠くまで運ばれ,分布を広げる。…

※「トラフシャコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

サマータイム

夏時間。 summer timeは和製語で,欧米では daylight saving timeという。夏季の一定の期日を限り,日中の時間をより有効に使うため,標準時間より1時間ないし2時間時計を進める...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android