腹部(読み)フクブ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐ぶ【腹部】

動物のからだで、胸部に続く腹の部分。内部に内臓がある。
ものの中ほどの部分。「山の腹部

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくぶ【腹部】

腹の部分。肋骨下縁より恥骨上縁に至る体部で、へそを中心として上腹部と下腹部に分ける。
物のほぼ中央の部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふく‐ぶ【腹部】

〘名〙
① 動物体の胸部に続く部分。肢その他付属物の最も少ない場所で、内部に種々の内臓諸器官を収める。
解体新書(1774)四「夫肝者、大而其色紫赤。在腹部之右、横膈膜之下、季肋之処也」
② 物の中ほどの部分。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の腹部の言及

【腹】より

…生物学的には腹部という。動物の体幹の中央部ないし後半にあって,内部に腹腔をもち,臓器をおさめている領域。…

※「腹部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腹部の関連情報