腹部(読み)フクブ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐ぶ【腹部】

動物のからだで、胸部に続く腹の部分。内部に内臓がある。
ものの中ほどの部分。「山の腹部

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくぶ【腹部】

腹の部分。肋骨下縁より恥骨上縁に至る体部で、へそを中心として上腹部と下腹部に分ける。
物のほぼ中央の部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふく‐ぶ【腹部】

〘名〙
① 動物体の胸部に続く部分。肢その他付属物の最も少ない場所で、内部に種々の内臓諸器官を収める。
解体新書(1774)四「夫肝者、大而其色紫赤。在腹部之右、横膈膜之下、季肋之処也」
② 物の中ほどの部分。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の腹部の言及

【腹】より

…生物学的には腹部という。動物の体幹の中央部ないし後半にあって,内部に腹腔をもち,臓器をおさめている領域。…

※「腹部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腹部の関連情報