腹部(読み)フクブ

デジタル大辞泉 「腹部」の意味・読み・例文・類語

ふく‐ぶ【腹部】

動物のからだで、胸部に続く腹の部分内部内臓がある。
ものの中ほどの部分。「山の腹部
[類語]おなか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「腹部」の意味・読み・例文・類語

ふく‐ぶ【腹部】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 動物体の胸部に続く部分。肢その他付属物の最も少ない場所で、内部に種々の内臓諸器官を収める。
    1. [初出の実例]「夫肝者、大而其色紫赤。在腹部之右、横膈膜之下、季肋之処也」(出典解体新書(1774)四)
  3. 物の中ほどの部分。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の腹部の言及

【腹】より

…生物学的には腹部という。動物の体幹の中央部ないし後半にあって,内部に腹腔をもち,臓器をおさめている領域。…

※「腹部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android