コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥシャン法典 ドゥシャンほうてん Dušanov Zakonik

1件 の用語解説(ドゥシャン法典の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥシャン法典
ドゥシャンほうてん
Dušanov Zakonik

セルビア皇帝ステファン・ドゥシャン (在位 1331~55) の制定した法典。 1349年公布された。ビザンチン帝国の法典を範とし,それまでのセルビア慣習法を集大成したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドゥシャン法典の言及

【ステファン・ドゥシャン】より

…だがコンスタンティノープル遠征中に急死すると,この中世セルビア最大の多民族国家は分裂し,急速に衰えていった。彼の時代は国力,文化ともに絶頂をきわめたが,それは201条からなる〈ドゥシャン法典〉(第1部1349,第2部1354)が最もよく表している。ストヤン・ノバコビッチ(1842‐1915)が1870年,この〈中世セルビア最美の作品〉を紹介すると,スラブ学者はもとより学界一般で大きな話題となった。…

※「ドゥシャン法典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドゥシャン法典の関連キーワードスベティステファン聖サワ教会聖シュテファン寺院Душанбеシュテファン王ステファングリルシュテファン定数サバ[セルビアの]ステファン・ドゥシャンドゥシャン橋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone