コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥシャン法典 ドゥシャンほうてんDušanov Zakonik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥシャン法典
ドゥシャンほうてん
Dušanov Zakonik

セルビア皇帝ステファン・ドゥシャン (在位 1331~55) の制定した法典。 1349年公布された。ビザンチン帝国の法典を範とし,それまでのセルビア慣習法を集大成したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のドゥシャン法典の言及

【ステファン・ドゥシャン】より

…だがコンスタンティノープル遠征中に急死すると,この中世セルビア最大の多民族国家は分裂し,急速に衰えていった。彼の時代は国力,文化ともに絶頂をきわめたが,それは201条からなる〈ドゥシャン法典〉(第1部1349,第2部1354)が最もよく表している。ストヤン・ノバコビッチ(1842‐1915)が1870年,この〈中世セルビア最美の作品〉を紹介すると,スラブ学者はもとより学界一般で大きな話題となった。…

※「ドゥシャン法典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドゥシャン法典の関連キーワードドゥシャンスコピエ東欧史

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android