コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドバーラバティー文化 ドバーラバティーぶんかDvāravatī culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドバーラバティー文化
ドバーラバティーぶんか
Dvāravatī culture

タイのモン族古代文化 (6~11世紀) 。インドシナ扶南の文化 (1~3世紀) の流れをくむ,タイ湾沿岸,マレー半島にわたるモン族文化で,中部タイのウトン遺跡からインド,スリランカのアマラーバティー仏像 (3~4世紀) と部派仏教遺物が発掘された。9世紀にはスマトラのシュリービジャヤ王国の海上貿易による影響を受け大乗仏教文化が入った。ドバーラバティー文化遺跡はバンコク西方ナコンパトムを中心としてマレー半島のリゴール,北東タイ,メコン川流域から北タイに分布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android