コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガイトカケ Amaea magnifica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガイトカケ
Amaea magnifica

軟体動物門腹足綱イトカケガイ科。高 10cm,殻径 4cm。殻は白色,高円錐形で薄く,螺層は 12階でふくらみ,縫合は明らかである。殻表には 17条内外の細い螺肋があり,これと成長肋が交わって細かい布目彫刻になるが,成長肋はところどころで多少強くなり,ときに縦張肋状になる。体層は小さく殻高の約3分の1で,殻底に弱い底盤がある。殻口は卵円形。ふたは淡黄色で薄く少旋型。房総半島以南,東南アジア水深 50~200mの砂泥底にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナガイトカケの関連キーワード糸掛貝

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android