白色(読み)ハクショク

精選版 日本国語大辞典の解説

しろ‐いろ【白色】

〘名〙 白い色。白。
※宗五大草紙(1528)公方様諸家へ御成の事「五種のけづり物をつむ。須彌をかたどる也。白色ははむを用」

はく‐しょく【白色】

〘名〙
① しろい色。しろいろ。びゃくしき。
※名語記(1275)二「そらも白色也」 〔管子‐幼官〕
② 共産主義などの反体制勢力に対して、強圧的に旧体制を維持しようとする反動主義をさしていう。→白色テロ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白色の関連情報