白色(読み)はくしょく

精選版 日本国語大辞典「白色」の解説

はく‐しょく【白色】

〘名〙
① しろい色。しろいろ。びゃくしき
※名語記(1275)二「そらも白色也」 〔管子‐幼官〕
共産主義などの反体制勢力に対して、強圧的に旧体制を維持しようとする反動主義をさしていう。→白色テロ

しろ‐いろ【白色】

〘名〙 白い色。白。
※宗五大草紙(1528)公方様諸家へ御成の事「五種のけづり物をつむ。須彌をかたどる也。白色ははむを用」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「白色」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android