白色(読み)はくしょく

精選版 日本国語大辞典「白色」の解説

はく‐しょく【白色】

〘名〙
① しろい色。しろいろ。びゃくしき。
※名語記(1275)二「そらも白色也」 〔管子‐幼官〕
② 共産主義などの反体制勢力に対して、強圧的に旧体制を維持しようとする反動主義をさしていう。→白色テロ

しろ‐いろ【白色】

〘名〙 白い色。白。
※宗五大草紙(1528)公方様諸家へ御成の事「五種のけづり物をつむ。須彌をかたどる也。白色ははむを用」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android