ナップの法則(英語表記)Knapp's law

法則の辞典の解説

ナップの法則【Knapp's law】

球軸の不同視の修正において,もしレンズが眼の前方焦点に位置していれば,網膜像の大きさは不変である(よく,クナップの法則*とも呼ばれるが,ナップ(H. J. Knapp)は米国の高名な眼科医師だったので,「ナップの法則」のほうが正しいであろう).

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android