コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルバダゾウ ナルバダゾウElephas namadicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルバダゾウ
Elephas namadicus

長鼻目ゾウ科の化石種。模式種インドムンバイ (ボンベイ) に近いナルバダ川上流ゴダバリ層の産。肩までの高さ 4mに達する大型ゾウで,前頭骨前端鼻骨の上におおいかぶさるように隆起する。第四紀更新世中期のゾウで,インド,ミャンマーに多く産出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のナルバダゾウの言及

【パレオロクソドン】より

…化石ゾウの1グループで,1924年に松本彦七郎により,古代の(パライオス),屈曲またはゆがんだ(ロクソス),歯(オドントス)というギリシア語を合わせて命名された。模式種はインドのナルバダゾウP.namadicusである。ちなみに,アフリカゾウの属名はロクソドンタLoxodontaである。…

※「ナルバダゾウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナルバダゾウの関連キーワードパレオロクソドンアオモリゾウナウマンゾウゾウ(象)

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android