コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニベルネー ニベルネーNivernais

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニベルネー
Nivernais

フランス中部の旧地方名。中心都市ヌベール。現在のニエーブル県にほぼ相当する。 10世紀末にブルゴーニュ公領から分離,ニベルネー伯領となり,その後しばしば帰属が変動。 1539年公領となり,65年からイタリアのゴンツァガ家が統治,1659年枢機卿 J.マザランに譲渡された。マザラン没後,彼の甥 P.マンシーニが継ぎ,その一族がフランス革命までフランス王室領以外の大領地として保有した。ロアール川沿岸のドシーズからヨンヌ川沿岸のオーセルまでニベルネー運河 (174km) が通じている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニベルネーの関連キーワードサン=ジュスト

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android