コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

継ぎ/接ぎ ツギ

デジタル大辞泉の解説

つぎ【継ぎ/接ぎ】

つなぐこと。また、つぎ方やつぎぐあい。「パイプの―が不完全だ」
衣服などの破れた所に小切れを当ててつくろうこと。また、その小ぎれ。「―を当てたズボン」
(「粘ぎ」とも書く)囲碁で、石の切れ目を補う打ち方。
子、特に跡をつぐ子。あとつぎ。よつぎ。
「いまだ御―もおはしまさず」〈増鏡・三神山〉
(数を表す語に付いて)在位などの数をかぞえる語。代。
「かの御時より…世は十(と)―になむなりにける」〈古今仮名序

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

継ぎ/接ぎの関連キーワード継ぎ立て馬・継立て馬継ぎ立て場・継立て場継ぎ三味線・継三味線継ぎ当て・継当て破り継ぎ・破継ぎ延べ竿・延べ棹継ぎ馬・継馬リベット継手継ぎ紙・継紙継ぎ場・継場継ぎ漆・継漆仕切り矧ぎ七里飛脚歌書羽織寒川朝康七里役所腰掛け蟻生みの子継三味線伝馬送り

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android