継ぎ(読み)ツギ

デジタル大辞泉「継ぎ」の解説

つぎ【継ぎ/接ぎ】

つなぐこと。また、つぎ方やつぎぐあい。「パイプの―が不完全だ」
衣服などの破れた所に小切れを当ててつくろうこと。また、その小ぎれ。「―を当てたズボン」
(「粘ぎ」とも書く)囲碁で、石の切れ目を補う打ち方。
子、特に跡をつぐ子。あとつぎ。よつぎ。
「いまだ御―もおはしまさず」〈増鏡・三神山〉
(数を表す語に付いて)在位などの数をかぞえる語。代。
「かの御時より…世は十(と)―になむなりにける」〈古今・仮名序〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android