コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューヨークシティマラソン にゅーよーくしてぃまらそん The ING New York City Marathon

2件 の用語解説(ニューヨークシティマラソンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ニューヨークシティマラソン

毎年11月第1日曜日にアメリカ合衆国ニューヨークで開催される世界最大のマラソン大会。全部門合わせた2010年の完走者数は45103人で、マラソン史上最多である。10年までの参加者は延べ908408人、完走者は延べ876651人。
コースはニューヨーク市の5つの区全てを通り、マンハッタンゴールとなる。大会前日には、国連広場からセントラルパークまで4キロメートルインターナショナル・フレンドシップランが行われるタイトルスポンサーは、アムステルダムに本社を置く金融業のING。1970年から毎年開催され、第1回大会の参加者は127人、完走者は55人。第42回目の開催となる2011年は、11月6日に開催され、男子はケニアジェフリー・ムタイ選手が大会記録で優勝した。女子はエチオピアのフィレヒウォ・ダド選手が優勝。車椅子マラソン女子の部は米国のアマンダ・マクグローリー選手が、男子の部は日本の副島正純選手が制した。なお、本大会での日本人選手の優勝は、全部門を通して初めて。
大会はニューヨーク・ロードランナー協会(New York Road Runners、NYRR)が主催し、プロ、アマチュアを含め世界中からランナーが参加する。11年データ(10月18日時点)では、参加者のうち同協会の登録メンバーが26.8パーセントを占める。また、米国以外からの参加者のうち、日本人は504人で参加者数の13位。ちなみに1位はイタリア(3538人)、2位はフランス(3385人)、3位はドイツ(2187人)である。
00年からは公式に車いすの部が加えられ、09年に日本の土田和歌子が3位入賞を果たしている。
男女を合わせて過去最多優勝記録を持つのは、ノルウェーの女性選手、グレテ・ワイツで9勝。1978年から80年にかけては、世界最高記録での大会3連覇の偉業を成し遂げた。グレテ・ワイツは、2011年初頭にがんで亡くなったため、同年の大会は彼女に捧(ささ)げられると大会公式ウェブサイトで報じている。
大会記録は男子2時間5分5秒(11年ジェフリー・ムタイ)、女子2時間22分31秒(03年マーガレット・オカヨ)。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ニューヨークシティマラソン

アメリカ、ニューヨーク州ニューヨークで行われるマラソン大会。フルマラソン。車いすの部あり。国際陸上競技連盟公認で「ワールドマラソンメジャーズ」のコースのひとつ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニューヨークシティマラソンの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネブラスカ北米亜米利加アメリカ連合国アメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニューヨークシティマラソンの関連情報