コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノブゴロド公国 ノブゴロドこうこく

大辞林 第三版の解説

ノブゴロドこうこく【ノブゴロド公国】

九世紀半ばノルマン人の一派が首長ルーリック(Ryurik)に率いられてロシアに侵入し建てた国家。スラブ人が彼らをルス(Russ)と呼んだことから、ロシアの名称が生まれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ノブゴロド公国の関連キーワードパヒキナサーリ条約ベリキエルーキスウェーデン史ウラル系諸族ロシア美術バイキングカレリア人ビボルグ城ノブゴロドノルマン人ペイプシ湖ボログダ露西亜ロシア一派ルス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android