コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルマンディー方言 ノルマンディーほうげんNorman dialect

1件 の用語解説(ノルマンディー方言の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルマンディー方言
ノルマンディーほうげん
Norman dialect

フランスのノルマンディー地方の方言。特に,古期フランス語に属するノルマン人たちの言語をさす。イギリス侵入 (1066) 後,約3世紀にわたってイギリスの公用語の地位にあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のノルマンディー方言の言及

【フランス語】より

…その外側,すなわちオイル語圏周辺部(ことにその農村部)に残る方言群は,ワロニー方言(ベルギー南部。〈ワロン語〉ともいう),ピカルディー方言,ノルマンディー方言,西部方言(メーヌ,アンジュー地方),南西部方言(ポアトゥー,サントンジュ地方),中央部方言(トゥーレーヌ,ベリー地方),南東部方言(ブールボネ,ブルゴーニュ,フランシュ・コンテ地方),東部方言(ロレーヌ,シャンパーニュ地方)のように分類されるが,ワロニー方言をほぼ唯一の例外として,急速に共通語に吸収されつつある。 なお,フランス国内で話されているフランス語以外の言語について一瞥しておくと,次のようになる。…

※「ノルマンディー方言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone