コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラ ハラ Hara

2件 の用語解説(ハラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラ
ハラ
Hara

サンスクリット語で「奪う者」「壊滅者」の意。ヒンドゥー教の一派,シバ派の最高神であるシバに対する呼称。世界の終末である大破壊のときに,世界のすべてを滅亡させる力をもつので,こう呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2012の解説

ハラ
Ha-ra


国籍
韓国

専門
歌手

本名
ク/ハラ〈Koo/Ha-ra〉

グループ名
グループ名=KARA(カラ)

生年月日
1991/1/13

出身地
韓国 光州

経歴
5人組ガールズグループのKARAを結成。他のメンバーは、ギュリ(リーダー)、ジヨンスンヨンニコルニックネームは“ハラちゃん”。グループ名のKARAは“甘いメロディー”という意味を持つ言葉で、リーダーのギュリが命名した。2007年アルバム「The First Bloooooming」で韓国デビュー。2009年のヒット曲「ミスター」ではお尻をセクシーに振る“お尻ダンス”を披露し、大ブームになった。2010年シングル「LUPIN」が韓国3大歌謡番組のヒットチャートで全て1位の三冠を達成し、国民的アイドルグループとなる。日本では、同年8月にシングル「ミスター」でデビューし、発売記念握手会には約1万人が駆けつけた。同年のオリコン新人セールス部門では同じ韓国ガールズグループの少女時代を抑え、13億円を売上げ第1位。年末のレコード大賞で企画賞も受賞するなど、“K-POP”ブームを巻き起こした。2011年日韓を通じて初主演のテレビ東京連続ドラマ「URAKARA(ウラカラ)」が放送される。他のシングルに「ジェットコースターラブ」「GO GOサマー」など。

受賞
日本レコード大賞(企画賞,第52回)〔2010年〕;日本ゴールドディスク大賞(洋楽部門ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー,第25回,2010年度)〔2011年〕

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
(C) 2012 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハラの関連キーワードサンスクリット劇サンスクリット語サンスクリット文学ビュルヌフプラークリット語古典サンスクリット古典サンスクリット文学サンスクリット化《サンスクリット大辞典》《サンスクリット文法》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハラの関連情報