終末(読み)シュウマツ

デジタル大辞泉の解説

物事が最後に行きつくところ。おわり。しまい。「事件の終末」「世界の終末

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① おわり。はて。しまい。終尾。
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉三「第二期は第一期の終末、すなはち日清戦役の済んだ頃から、日露戦役の三十七八年くらひまでを指す」
② キリスト教で、世の終わりをいう。→終末論
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉七二「南京虫と奮闘しつつある絶望的の顔を世界終末(シュウマツ)の図の如くに目の前に描き出した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

終末の関連情報