終末(読み)しゅうまつ

精選版 日本国語大辞典「終末」の解説

しゅう‐まつ【終末】

〘名〙
① おわり。はて。しまい。終尾
女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉三「第二期は第一期の終末、すなはち日清戦役の済んだ頃から、日露戦役の三十七八年くらひまでを指す」
② キリスト教で、世の終わりをいう。→終末論
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉七二「南京虫と奮闘しつつある絶望的の顔を世界終末(シュウマツ)の図の如くに目の前に描き出した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「終末」の解説

しゅう‐まつ【終末】

物事最後に行きつくところ。おわり。しまい。「事件の終末」「世界の終末
[類語]終わり最後大詰め終局終焉結末おしまい終了完結完了終結果てし幕切れ閉幕打ち止めちょんかんりょうジエンド終わりを告げる終止符を打つピリオドを打つちょんになる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android