ハーバード大学天文台(読み)はーばーどだいがくてんもんだい(英語表記)Harvard College Observatory

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーバード大学天文台
はーばーどだいがくてんもんだい
Harvard College Observatory

アメリカ東部、ボストン郊外のハーバード大学にある付属天文台。1840年に設立され、アメリカではもっとも古い天文台であり、ピッカリング、シャプレーらによって恒星の光度測定、銀河構造の研究などが進められた。とくに当時始まったばかりの写真技術を使って、星のスペクトル分類を行い、20万個の星を分類した『ヘンリー・ドレーパー星表』は現在もよく使用される。近年、地上観測が困難になり、気球や人工衛星を使った観測がおもに行われている。1973年以来、スミソニアン天体物理天文台Smithsonian Astrophysical Observatoryとあわせ、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターHarvard-Smithsonian Center for Astrophysicsとよばれている。[磯部三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android